記事一覧

ずいぶんと間が空いちゃいましたが

Project2は元気でやっております♪


最近はロゼオ水戸のライブを第一日曜に寄せていただき
第二日曜は龍ヶ崎音楽村で定期出演させていただいてます。

また、印西バンドストックの方でも
年2~3回の開催とは言ってもコンスタントにお誘いいただき
ロゼオ水戸は定期出演の他、ロゼオ祭をはじめとした
年に何回かの祝日のイベントにもお誘いいただいてます。

音楽村の交流から、龍ヶ崎では第二週の音楽村の後
フォーク伝昭和で遊ばせていただくことが多くなり
そこから、焼き鳥ジェームスでの催しにも声をかけていただいたり
佐貫のニャンピースでもこけら落としで演奏させていただくなど
結構、忙しくさせていただいております。
・・・あ、ロゼオ水戸での縁からひたちなかに行ったり
笠間のイベントに出演させていただいたりもしました。


頑なに首都圏で頑張る人たちに言いたいのは
『お金のかけ方、考えてみてはいかが?』です。

”東京で・・・”という気持ちはわかりますが、
それをやるのは地元でしっかり地盤がある人です。
「東京に行けばなんとかなる」なんてのは
家系からの脱却でしかありません。
家業を継がず家系としては目新しい職に就くのだから
サラリーマンになることにポジティブな人の言い分です。

何らの夢を追うのであれば
必要になってくるのは応援してくれる人の数。
地元の総人口があまりにも少なければ
最寄りの”それなりに人口がある地域”に出て
まずはそこで地盤を作るんです。

そして、そんな人たちが集まる地域が地元であれば
ハングリーな人を相手に切磋琢磨して
その地域で頂点に立った人が更に
近くのもっと大きな街に進出し、
札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、福岡などの
大都市で上り詰めたらいよいよ東京なんです。

そこで重要なのが、
『東京が格上なわけではない』ということ。
元々が東京の家系の人たちは
様々な面で利便性が高いことは利点となるから
それなりにやれる人も確かに多いわけですが
東京に住む多くの人たちは家系を脱却した人や
東京へ行けばなんとかなるという勘違いをした人たち。
つまりは各地域の大都市で上り詰めた人たちが
利点を手に入れるために東京にくるのが本質なんです。

本質に合致した流れで東京を利用すれば
”追う夢”からの収益で最低限には生活できるから
生きるために働かないと・・・が不要な分、
時間を有効に使えることになるわけです。
忙しさを理由に”やらない”ことがなくなれば
要否に関わらず多くの人脈をを築くことになり
大きな人脈にたどり着く確率が向上しますよね?
”やらない”で逃す人脈がそれである可能性は
誰も否定することはできないのですから。


以上、『東京はお金がかかるだけの街』って話です。
上り詰めた人はやるだけやれば良いから
そうではない人に進言しておきましょう。

さて、お金のかけ方を考え直す際に
一つ目は無駄に東京に出て行かないことでした。

そうなると交通の便が悪くなるけど
逆に家賃の相場は下がるわけです。
現状の収入を維持できるのであれば
家賃にかける費用で駐車場も付いちゃう方がお得でしょ?

また、ライブ会場って職場の定期の範囲にある?
多分、儲かってない人たちが使う会場は
交通の便はそこそこだけど駅近ではないとか
逆に本腰入れて働いてないってことは
職場が不便な立地だったりするんじゃないかな?

言い換えれば、行き来するだけでもお金がかかり
運搬が大変だからタクシーに乗ったり
あるいは機材や衣装を最低限に抑えたりしてない?
電車賃よりはガソリン代の方が安あがりだし
タクシーを使う費用も合わせたら
車を買っちゃったほうが安いかもしれない。
ま、駐車料金とかもあるから高くつくんだけどさ、
機材や衣装に妥協しなければ
もっと注目される可能性だってあるわけでしょ?

そもそも、家賃の出費を抑えたら
当面は駐車場よりも機材や衣装に充ててほしいんだ。
ライブっていうのは演奏が上手ければ良いわけではない。
何度も録り直しができて最大限を引き出せる
CDの方が演奏のクオリティは絶対に高いし
ライブ会場ってのはリハと本番でさえ音が変わる。
つまりは音質も最大限は見込めない場所なんだ。
聴いてもらうだけなら絶対にライブよりCDでしょ?

やはりライブってのは”見える”ものなので
”今”を感じられるから良いわけです。
ちょっと演奏が粗くても姿が見えるから
許せるポイントってのも出てくるわけですよな?

どうせ見えるなら、現実感丸出しよりも
現実離れした出立のほうが良いのでは?
プライベートでは絶対に見れなそうな衣装、
それでもこの人だけはプライベートでも着てそう?
と思わせるようなキャラクター、
すべては見えるが故の、ステージと客性という
立ち位置の差による特権なんです。
だからここは妥協してほしくないんですよ。

家賃が浮いた分でしっかり衣装を調達して
機材もなるべく自前で揃えきって、
一段落して出費が落ち着いたら
少しお金を貯めてから車を買えば良い。
出費が上回ったとしても
パフォーマンスが向上すれば取り返せるから。

ま、お金のかけ方、考え直してみませんか?