記事一覧

性格

極端な表現をしてしまえば、
生まれて以降、いつか死ぬ日までは
常に生きるか死ぬかが両翼だと思う。

そして、極論したときに
”死”となる考えがネガティブ、
”生”となる考えがポジティブ、
おそらくはそんな感じだろう。

そして生と死との最大の違いは
身体を動かせるか否かであり、
言葉を発したり頷いたりだけでも
死んだら出来ないであろう
何らの意思表示が可能ならば
それは生きていると言うべきだが
意思表示能力を失ってしまえば
死んでいるのと差はないと思う。

これだけだと脳死推進派だよね。
でも、科学や医学の技術推進を
僕は心底願っているんだけど
まだまだ未解明な点が多いから
それが解明されるまでの時間を
本人や周囲が楽しめるのであれば
脳死なんて必要ないとも思ってる。


その上で、Project2は動く。
本州の東南角にあたる千葉県から
車で高速を使わずに
北は青森の竜飛岬から
西は兵庫県の甲子園球場まで。
間にある全都府県に足跡を残し
当然のことながら
県内の東端、南端にも。

死んだらできない。
病気や怪我をしたら出来なくなる。
まさに生きてるからこその行動。

ライブだってさ、
お客さんが来ようが来まいが
呼んではいるのだから胸を張る。
会場や共演者には申し訳ないが
来るか来ないかはお客さん次第で
会場や共演者が原因なこともある。

お客さんを呼ぶ気持ちがあり
努力もしているのであれば
堂々としていれば良いわけで、
むしろ出演しないという選択は
誰も来なくて当然な過程の証。


出演を自粛する人は多くて、
お客さんが来なくて当然という
救いようのない輩も多いが
ノルマなしを謳っておきながら
威圧的な会場のせいもあるだろう。

まぁ、どっちにしても
音楽業界には不要な存在だから
相手にする気もないんだけどさ。

そう考えると有り難いよね。
不特定多数に向けて
発信させてもらえる場ってのは。


だから現状のProject2は
ロゼオ水戸でのライブや縁に拘るし
路上ライブの制度に興味がある。

船橋市内で月に1回でも良いから
路上ライブできたらなぁ・・・。