記事一覧

ずいぶんと間が空いちゃいましたが

Project2は元気でやっております♪


最近はロゼオ水戸のライブを第一日曜に寄せていただき
第二日曜は龍ヶ崎音楽村で定期出演させていただいてます。

また、印西バンドストックの方でも
年2~3回の開催とは言ってもコンスタントにお誘いいただき
ロゼオ水戸は定期出演の他、ロゼオ祭をはじめとした
年に何回かの祝日のイベントにもお誘いいただいてます。

音楽村の交流から、龍ヶ崎では第二週の音楽村の後
フォーク伝昭和で遊ばせていただくことが多くなり
そこから、焼き鳥ジェームスでの催しにも声をかけていただいたり
佐貫のニャンピースでもこけら落としで演奏させていただくなど
結構、忙しくさせていただいております。
・・・あ、ロゼオ水戸での縁からひたちなかに行ったり
笠間のイベントに出演させていただいたりもしました。


頑なに首都圏で頑張る人たちに言いたいのは
『お金のかけ方、考えてみてはいかが?』です。

”東京で・・・”という気持ちはわかりますが、
それをやるのは地元でしっかり地盤がある人です。
「東京に行けばなんとかなる」なんてのは
家系からの脱却でしかありません。
家業を継がず家系としては目新しい職に就くのだから
サラリーマンになることにポジティブな人の言い分です。

何らの夢を追うのであれば
必要になってくるのは応援してくれる人の数。
地元の総人口があまりにも少なければ
最寄りの”それなりに人口がある地域”に出て
まずはそこで地盤を作るんです。

そして、そんな人たちが集まる地域が地元であれば
ハングリーな人を相手に切磋琢磨して
その地域で頂点に立った人が更に
近くのもっと大きな街に進出し、
札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、福岡などの
大都市で上り詰めたらいよいよ東京なんです。

そこで重要なのが、
『東京が格上なわけではない』ということ。
元々が東京の家系の人たちは
様々な面で利便性が高いことは利点となるから
それなりにやれる人も確かに多いわけですが
東京に住む多くの人たちは家系を脱却した人や
東京へ行けばなんとかなるという勘違いをした人たち。
つまりは各地域の大都市で上り詰めた人たちが
利点を手に入れるために東京にくるのが本質なんです。

本質に合致した流れで東京を利用すれば
”追う夢”からの収益で最低限には生活できるから
生きるために働かないと・・・が不要な分、
時間を有効に使えることになるわけです。
忙しさを理由に”やらない”ことがなくなれば
要否に関わらず多くの人脈をを築くことになり
大きな人脈にたどり着く確率が向上しますよね?
”やらない”で逃す人脈がそれである可能性は
誰も否定することはできないのですから。


以上、『東京はお金がかかるだけの街』って話です。
上り詰めた人はやるだけやれば良いから
そうではない人に進言しておきましょう。

さて、お金のかけ方を考え直す際に
一つ目は無駄に東京に出て行かないことでした。

そうなると交通の便が悪くなるけど
逆に家賃の相場は下がるわけです。
現状の収入を維持できるのであれば
家賃にかける費用で駐車場も付いちゃう方がお得でしょ?

また、ライブ会場って職場の定期の範囲にある?
多分、儲かってない人たちが使う会場は
交通の便はそこそこだけど駅近ではないとか
逆に本腰入れて働いてないってことは
職場が不便な立地だったりするんじゃないかな?

言い換えれば、行き来するだけでもお金がかかり
運搬が大変だからタクシーに乗ったり
あるいは機材や衣装を最低限に抑えたりしてない?
電車賃よりはガソリン代の方が安あがりだし
タクシーを使う費用も合わせたら
車を買っちゃったほうが安いかもしれない。
ま、駐車料金とかもあるから高くつくんだけどさ、
機材や衣装に妥協しなければ
もっと注目される可能性だってあるわけでしょ?

そもそも、家賃の出費を抑えたら
当面は駐車場よりも機材や衣装に充ててほしいんだ。
ライブっていうのは演奏が上手ければ良いわけではない。
何度も録り直しができて最大限を引き出せる
CDの方が演奏のクオリティは絶対に高いし
ライブ会場ってのはリハと本番でさえ音が変わる。
つまりは音質も最大限は見込めない場所なんだ。
聴いてもらうだけなら絶対にライブよりCDでしょ?

やはりライブってのは”見える”ものなので
”今”を感じられるから良いわけです。
ちょっと演奏が粗くても姿が見えるから
許せるポイントってのも出てくるわけですよな?

どうせ見えるなら、現実感丸出しよりも
現実離れした出立のほうが良いのでは?
プライベートでは絶対に見れなそうな衣装、
それでもこの人だけはプライベートでも着てそう?
と思わせるようなキャラクター、
すべては見えるが故の、ステージと客性という
立ち位置の差による特権なんです。
だからここは妥協してほしくないんですよ。

家賃が浮いた分でしっかり衣装を調達して
機材もなるべく自前で揃えきって、
一段落して出費が落ち着いたら
少しお金を貯めてから車を買えば良い。
出費が上回ったとしても
パフォーマンスが向上すれば取り返せるから。

ま、お金のかけ方、考え直してみませんか?

なんだかんだで

早くも来年の話が飛び交う季節になりまして、
Project2もご他聞に漏れずです(笑)

6月に遊ばせていただいた
印西BANDSTOCKの方で
来年の話の第一号が舞い込みました。

当然、ロックだろうが演歌だろうが
僕らはProject2ですから┐(´д`)┌ハイハイ

・・・が、日程が月末なので
ライブ自体の一発目はどうなることやら。
仮にロゼオ水戸が入ったとしても
野外である以上は微妙なのです((φ(・д・。)フムフム


それより今は、先日のFMSの続きかな。
たまたまテレビ番組用の撮影が入ってて、
オンエアされるかの結果待ち。

あとは、船橋まちかどミュージックステージの
登録完了待ちなんだよね。

どちらも不特定多数の人に
公然と聴いてもらうチャンスだから
実力が遥かに勝っていながらも
自前で集客しなきゃならない活動をする人たちよりは
圧倒的に大きな一歩を踏み出せてる。
あとは自分らがどの程度できてるか。
夏音の声と選曲だけなら
かなりハイレベルなはずだけどね( ̄ー ̄)ニヤリ


ま、そんなProject2だけどさ、
直近のライブはさいたま新都心なんだ。
またまた「はじめまして」の場所と面々。
なんだかんだって、
そーゆー活動が好きなのかな。

性格

極端な表現をしてしまえば、
生まれて以降、いつか死ぬ日までは
常に生きるか死ぬかが両翼だと思う。

そして、極論したときに
”死”となる考えがネガティブ、
”生”となる考えがポジティブ、
おそらくはそんな感じだろう。

そして生と死との最大の違いは
身体を動かせるか否かであり、
言葉を発したり頷いたりだけでも
死んだら出来ないであろう
何らの意思表示が可能ならば
それは生きていると言うべきだが
意思表示能力を失ってしまえば
死んでいるのと差はないと思う。

これだけだと脳死推進派だよね。
でも、科学や医学の技術推進を
僕は心底願っているんだけど
まだまだ未解明な点が多いから
それが解明されるまでの時間を
本人や周囲が楽しめるのであれば
脳死なんて必要ないとも思ってる。


その上で、Project2は動く。
本州の東南角にあたる千葉県から
車で高速を使わずに
北は青森の竜飛岬から
西は兵庫県の甲子園球場まで。
間にある全都府県に足跡を残し
当然のことながら
県内の東端、南端にも。

死んだらできない。
病気や怪我をしたら出来なくなる。
まさに生きてるからこその行動。

ライブだってさ、
お客さんが来ようが来まいが
呼んではいるのだから胸を張る。
会場や共演者には申し訳ないが
来るか来ないかはお客さん次第で
会場や共演者が原因なこともある。

お客さんを呼ぶ気持ちがあり
努力もしているのであれば
堂々としていれば良いわけで、
むしろ出演しないという選択は
誰も来なくて当然な過程の証。


出演を自粛する人は多くて、
お客さんが来なくて当然という
救いようのない輩も多いが
ノルマなしを謳っておきながら
威圧的な会場のせいもあるだろう。

まぁ、どっちにしても
音楽業界には不要な存在だから
相手にする気もないんだけどさ。

そう考えると有り難いよね。
不特定多数に向けて
発信させてもらえる場ってのは。


だから現状のProject2は
ロゼオ水戸でのライブや縁に拘るし
路上ライブの制度に興味がある。

船橋市内で月に1回でも良いから
路上ライブできたらなぁ・・・。

なぜだろう?

現状の活動スタンスで
他に仕事をしなくちゃならないのは
自分にお金を使ってくれる人
(=ファンやお客さん)の絶対数が
完全に不足している証なのに
その足りないものに対して
いくらアピールしても
数値目標があれば絶対に不足する。

そして、すでにファンである人なら
アピールされなくても
見れる機会に集まるのが当たり前。
つまりは、アピール不要な相手に
うんざりされるほどアピールしても
むしろ客離れにつながりかねない。
無駄に時間を費やした挙句に
良くて現状の上限、悪くすれば
上限を下げてしまうこともある。


だってそうでしょ?
昔は今みたいに発信手段がなくても
ファンていうのはさ、
なんとか情報を見つけて
集まってくるものだったと思うよ。
多分、彼らもそうしていたはず。
そこまではしてもらえないなら
それはファンではないってこと。

ファンではない相手だから
熱心にアピールするのかもだけど
ただの客なら尚更だよ。
SNSってのはさ、他にもたくさん
見たい情報があるから使うんだ。
それを阻害することがあれば
邪魔になって情報は見なくなる。
ファンではないから
情報集めもしてくれない。
だから上限は下がっちゃうよね?


要するに、ただの客なら
絶対数を増やせば良い。
作品が良ければ音源は売れるし
観て楽しければライブに集まる。
その絶対数が増えるほどに
一つの発信が波紋のように広がり
しつこく発信しなくても
みんなの目には届くのだから。

しつこいアピールは自信のなさ。
絶対数を増やそうとしないのは
単なる思い上がりでしかないんだ。
どのように言ってみたところで
音楽だけで悠々自適でなければ
僕らと同レベルということになる。
作品やパフォーマンスは質高でも
人生として同レベルだったら
他の部分が劣るということ。

大した技量や裏づけがなくても
今の状況で活動してるProject2は
葛藤に苛まれる人々にとって
きっと何かの参考になるはずだ。

山があっても登らない。

その分、山がなくても登った気になれるタイプです。

苦労というのは、体験することよりも
想定できることが重要なのだから。

だって、そうじゃないとさ、
放射能で被爆された方々の苦労を
自分もしなきゃわからないだろう?
ってことになってさ、だからと言って
みんな被爆者になっちゃったら
それはそれで困るわけでしょ?

実践しなくても良い苦労があるのなら
それは苦労と感じる全てに適応するはず。


そもそも、苦労って何なの?

自分がやりたいことを出来る範囲で・・・
というのが人間社会の本質だと思うんだけど、
経済活動における成果とは
人それぞれってわけにはいかない。
・・・で、方法論を体系化し過ぎたのが
現代社会における歪みになっている。

個性を活かすのではなく圧し殺すやつね。

例えば、まったく同じことを言っても
喧嘩になる人とならない人がいる。
子どもの頃から誰もが経験してるだろう。

なぜ同じことから生じる結果が異なるのか?
状況に応じて結果が異なるだけならば
同じ人の同じ振る舞いでも結果は変わるが
必ず揉める人とそうではない人とは
おそらく分類することが可能なのだ。

常に場を履き違えるタイプもあるし
逆のタイプもあるにはあるのだが
”生理的に許せない”というタイプも
ここにはあると考えるのが自然だろう。


いずれにしても、必ず揉めるタイプがあり
教育されたケーススタディの中で
必ずそのようにせねばならないシーンが
許されないタイプが生じるということだ。

では、そのタイプは何をどうやっても
許されることがないのかというと
そんなことはないわけで、結局のところ
不似合いな振る舞いは嫌われるってことだ。


印象を受け取る側は人間であって
そんな本質の上で生きているのだから
誰かの目には無礼な態度も
肝心な相手が良しとする場合もある。

つまり、人には変えられない個性があり
それぞれが活きるシーンもあるのだ。
それは苦労するのとは真逆の発想で
苦労しなくても良いはずなのに
苦労を強いられる構造に問題がある。


人生に山を見つけたら
登りたいか否かで決めようじゃないか。
苦労すべきという人は
おかしい人なんだって割り切ってさ。

心地好い疲労感。

・・・今更ながらの筋肉痛っぽいやつ。

6/21(日)に印西BANDSTOCKに初参戦。
イベント自体は6/20、21の二日間に渡り
総勢12組がアコースティックライブを展開。

夏音の仕事の都合で日曜しか動けず
最初から楽日を希望した上に
出演順もトリを希望したりと
どこに行ってもやりたい放題。

打合せの席での様子から察するに
トップとトリは決まりにくいようですが
Project2的にやりやすいのはトップ。
トップかトリを希望したらトリだったので
トリが一番不人気みたいですね。

個人的にはあの”あなきん。”で
トリを努めたわけですから、
そして好感触のご意見もいただいてるし
現状で考えられるライブイベントに
臆する環境は何もないかな。


演奏の技量のみに関して言えば
これまでは自分達が最低限の目安で、
そんなレベル感であっても
技量で負けても展開で覆せるってのが
Project2の在り方だったんだけどさ、
最近はちょっと変わってきたかな。

自分達の技量が上がったわけじゃないけど
発想と勢いで凌駕し得るんだよね。
アコースティックライブ主体だから
奇抜なアレンジと夏音の声量だけでね。
自分達次第で見た人の感想が変わりかねない
危ういレベル感の中でやってるんだ。

ただ、それがプレッシャーになるかというと
そのぐらいは押し切れる自信があったり、
じゃあそれで満足かと言われれば
自分を超え続けることへの責任は感じるし
行けるとこまで行く覚悟もある。

上手い人を集めるなら仲間を誘うさ。
でもね、仲間の大半よりも楽しいんだ。
きびしい人が見たら
「よくそれで人前で演奏する気になったね?」
ってところもあると思うんだけどさ、
どんなに上手になったって
自分が楽しめなきゃ意味がないでしょ?
逆に、失敗を恐れずに楽しもうという姿勢は
人前で事を為すには技量よりも重要だよ。


仕事の都合で初日は見れなかったけど
僕だけでも6/19の準備に顔を出せたことで
主催者の想いを感じ取ることができた。

お金を稼げるレベルにならないと
様々な点できつくなるわけだけどさ、
音楽が持つ”人を楽しませる”力は
自分に対するモチベーションの魔法にもなる。

労力を費やすに連れて力が湧くから
経済的に我慢しがちな人々にも
楽しんでもらうことが出来る。

プロってのは凄いと思うけどさ、
一人でも多くの人に楽しんでもらう方が
僕には重要なことに思えるんだよね。

2015年(1月~5月)のProject2の足跡

1/12(月・祝)
水戸/ロゼオ
『Music Live』

2/14(土)
佐倉/SUNRISE
『けい けい企画イベント』

2/22(日)
水戸/ロゼオ(雨天中止)
『Music Live』

3/8(日)
龍ヶ崎/おくら
『龍ヶ崎音楽村』

3/22(日)
水戸/ロゼオ
『Music Live』

3/29(日)
六本木/Club Edge(boogieソロ)
『六fes.』

4/5(日)
水戸/ロゼオ(雨天中止)
『Music Live』

4/19(日)
伊勢佐木長者町/遊楽
『うたにち~珍獣パーク∞』

4/25(土)
両国/StudioApplause(boogieソロ)
『珍獣国技館』

5/3(日)
水戸/ロゼオ
『Music Live』

5/5(火・祝)
鹿嶋/Club JB
『レボフェスVol.1』

5/10(日)
龍ヶ崎/おくら
『龍ヶ崎音楽村』

5/17(日)
水戸/ロゼオ
『Music Live』

屋外のロゼオ水戸が主戦となり
雨天中止もありましたが・・・
月に二本程度のペースで演れてます。

”友達”という言葉をチラつかせて
興味がない知り合いにお金を使わせる。
そんな陳腐な手法から脱却し
演奏を許可された場所で
興味がある人、あるいは
鬱陶しいとは感じてない人、
聴いてもらえるかは自分次第の環境で
やっと為すべきことがわかりました。

まずは聴き手の立場から、
そこに自分が許容できる範囲を重ねて
はじめて聴き手も歌い手も楽しめる
貴重な時間が作られるわけです。


ロゼオ水戸に関しては特に思う。
「どうせ買い物に行くなら」、更に
「どうせロゼオに行くのなら」って
Project2のライブ予定がある日を
選んでもらえるようになりたいよね。
せっかく場所を提供してくれる企業や
他の素敵な演者たちのためにもね。

最近、無料で観覧できるライブが多いです。

昨年の秋からお世話になっているロゼオ水戸、
今年の3月からお世話になっている龍ヶ崎音楽村、
5/5にお世話になった鹿嶋JBでのレボフェス、
6月にお世話になる印西BANDSTOCK・・・
六本木の某店を離れてからのProject2は
もっぱら観覧無料のライブに明け暮れてます。


過去にも書いてることですが、
専業で音楽を仕事にすることが可能なのは
年に一回ぐらいは武道館を満員にし得るだけの
お客さんの実数があることなんです。

それまではお金を払うことが前提だと
”初めて聴く”人は増え難いんです。
特にブッキングなんかだと
音楽を聴くのではなく、身近にいる
タレントっぽい人と話がしたいのかな。

ライブを見てるのはその人の出番だけで、
終わったらロビーで喋ってるだけ。
他の出演者の音楽と比べてもらって
自分たちのレベルを客観的に計ることをしない
低俗な出演者でもあるんだけどさ、
何より問題なのが、月に一回程度で
数十名の集客ってのは僕にとっては0と同じ。
でね、リハから本番を終えて
数十人の全員と挨拶したりすると
瞬間的にはかなり繁忙になるでしょ?
そんな自分に酔っちゃうんだよね。

でも実際のところはそうじゃなくてさ、
有名人ぽい人と話ができる機会だから
来てくれたことは本人たちが一番知ってる。
間違った天狗の鼻をへし折ってやれない
僕らのような集客難のアーティストも悪い。


”だからこそ”なんだよね。
無料ってことは、会場に対する出演者の
経済的な負担の軽減という解釈はない。
つまり、少なからず音楽を聴いて
楽しむなり何なりする気のある人。
あるいは、期待はしていなくても
音楽が流れていて苦痛じゃない人。
そんな人達に聴いてもらう機会なんだよね。


1000人に1人しか興味を示さないとしても
10000人で10人、100000人で100人、
1000000人なら1000人、10000000人で10000人。
ロゼオ水戸はそれほどの規模じゃないけど
首都圏のららぽーととかだったら
結構な人数が興味を持ってくれる計算だ。
もちろん、タイミングの問題もあるけど
やらなきゃ0なのが1人でも2人でも上出来。

Project2に関しては、
月一でも2回目にはショップの人から
夏音の声に対して声が掛かったわけだから
発展途上のロゼオ水戸はとても有意義だ。

龍ヶ崎音楽村でも夏音の歌声や選曲は
割りと受けが良いところもあるし、
あとは鹿嶋に行くタイミングで
うまいことREVOLUTIONと遊べたら・・・
という気がしないでもないね。

新年度を迎えて。

昨年から着手してきたことですが、
Project2の活動方針は”開拓者”です。

これまで、”ライブをやるなら○○”的に
交通の便が悪くない地域での
ライブスペースを主体に活動してきました。
・・・が、何度か書いているように
これらのスペースの本質は
空間を保有する者が体裁を整えて
独自の集客を怠るために
歌いたい輩に集客を押し付けるという
ヤクザも真っ青な悪徳ビジネスがほとんど。

もともとにライブハウスと名乗り
それなりの基準があって、
出演する側が誇れるなら良いんだけどね。


そういった怠惰な輩を喜ばせるのは
音楽業界への冒涜でしかないから、
それありきのところではやりません。

言い換えると、旧知のお客さんを
呼びやすい環境でのライブは
ほとんど行なわないってことかな。

ただ、こちらもあまり遠出はできないから
プチ旅行的なことが好きな人なら
チョコッと立ち寄れるような地域で
無料で見れるとこが主体です。
有料の場合もね、
歌うための料金=それを聴く料金
て感じのとこだからさ、
誘ってるけど成果が出ない
ってときの気分が違うよね。


何より、出演する人たちも
自分が楽しむために来てるからね。
聴いてもらいたいだけの人は
やはり生き残れないんだ。

ロゼオ水戸でのライブ。

年明け一発目のライブでした。
年末年始を長閑に過ごした後、
日常に戻って最初の祝日は
Happy Mondayで変動性になった成人の日。
世間では三連休の人も多かったのかな?


まぁ、ロゼオ水戸は
ショッピングセンターだからね。
買い物があれば人は集まる。

ただし・・・屋外だからさ、
天気が悪いと中止になるんだけど
晴天であっても寒いもんは寒い。
特に風が強いのは防げない。


~セットリスト~
1stステージ
1.river
2.LOVE
3.夢をかなえてドラえもん
4.神様☆ありがとう!
5.アンパンマン体操

2ndステージ
1.SHOUT!
2.BINGO!
3.Let it Go
4.幸せに感謝!


寒さのせいか広場で遊ぶ子は少ない。
ベンチで休む人も少なかったけど
やっぱりアニソンは強いんだよね。

どこからともなく、
子供が親の手を引いてやってくる。
・・・その曲が終わると
さすがに親が動いちゃうけどね。

暖かい時期だと、それなりに
興味がある人の姿が見られるんだけど
この寒さだからね、買い物ついでに
興味がないわけではないって感じ?
そんな人たちが足を止めて
一曲ぐらいは聴いてく流れだった。


でも、広場を囲むように
宝くじの売り場があったり
からあげ屋の車が停まってたりして、
今回は宝くじ売り場の方に
夏音の声がHITしたようでした。

前回は通りすがりの人だったけど
頑張ってる姿を応援するとか
曲が興味を引いたりとかじゃなく
単純に”素敵な声”って言われる。


次回は2/22、その次は3/22に
ライブの日程を入れていただきました。

多分、次回はアニソン推し。
それなりに古いとこからね、
色々引っ張り出して行きます。

3月は暖かくなってたら
アコースティックも入れようかな。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ